セルライトは出来てしまったら早目の対策が必要です

痩せていてもセルライトはある?

セルライトは思春期以降の女性、太った人から痩せた人までほとんどの人に見られる現象です。

 

セルライトは、ふとももやお尻など特に脂肪のつきやすい箇所に現れるちょっと厄介な現象です。

 

ふとももやお尻の贅肉部分を、ちょっとひねるようにつまんだ時に、皮膚の表面にでこぼこが現れませんか?

 

デコボコが出て来たとしたらそれがセルライトです。

 

このでこぼこした感じがまるでオレンジの皮のようにも見えることから、オレンジピールスキンとも呼ばれています。

成人女性の8~9割がセルライト!

このセルライトの正体はズバリ、脂肪と老廃物のかたまりです。

 

セルライトができる原因は様々

 

  • 毎日の食生活に動物性物質が多い
  • 運動不足
  • 急激に太った
  • ホルモンのバランスが乱れた
  • 老化による代謝の悪化
  • 慢性化してしまったむくみ

 

これらが原因で、血管から離れた脂肪細胞に老廃物やコラーゲンが付着して、大きな塊になってしまいセルライトができてしまいます。

 

全体的に痩せているので「私にはセルライトはない」と安心していてはいけませんよ。

 

セルライトはなんと 成人女性の8~9割に見られると言われ、しかも一度できてしまうと自然に消えることがなく、どんどん痩せにくい体質になってしまうんですよ。

 

セルライトは美容だけでなく、健康面にも悪影響を与えかねないので、できるだけ早目に対処するようにしましょう。