短期間で確実に太ももが痩せる方法

足を細くするための筋トレ

足を細くするためには、筋トレも必要になります。

 

足を細くする上で重要なのは、足の筋肉を刺激することです。

 

足の中でも細くしたい部分といえば、やっぱり太ももという人がダントツで多いのではないでしょうか。

 

実は、太ももは人間の体の中で一番多くの筋肉が集まっている場所なんです。

 

体全体に付いている筋肉のうち、なんと7割近くもの筋肉が太ももに集中しています。

 

つまり、太ももの筋トレをして筋肉を引き締めれば、太ももは細くなるということです。

 

ただ単に食事量を減らすなどのダイエットをしても、なかなか太ももは思うように細くなりません。

 

そんな時は、太ももの筋肉を鍛えて引き締めることを重点的に行えば、きっと足痩せ効果を実感できるでしょう。

 

太ももの筋肉が引き締まれば、それと同時にふくらはぎの位置が上がってきます。

 

太ももが細くなり、ふくらはぎの位置が上がると、細くて長い足に見えるようになるのです。

 

足にメリハリが生まれるので、いわゆる「美脚」に見えるようになりますよ。

有酸素運動で足が細くなる

有酸素運動をすると足が細くなるというのは、疑いようのない事実だといえます。

 

女性の足の悩みで多いのが、太ももやふくらはぎに脂肪がついていて、足が太くみえてしまうということです。

 

太ももやふくらはぎについた余分な脂肪を落とすことができれば、今よりも足を細くすることができます。

 

太ももやふくらはぎの脂肪を落とすには、適度な有酸素運動をして、脂肪を燃焼させることが重要です。

 

脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が効果的ですから、ウォーキングや軽いジョギング、水泳などの軽く息があがる程度の運動をして、体内に酸素を取り込みます。

 

すると、体についた脂肪が燃焼されるので、足についてしまった脂肪も落とすことができるでしょう。

 

ただし、息があがるような激しい運動をすると、有酸素運動ではなく無酸素運動になってしまいます。

 

激しい運動をした方が脂肪が落ちやすいと誤解しがちですので、注意してください。

 

軽く息はあがるけれど、会話ができるという程度の運動が有酸素運動です。

 

なので、それを目安に運動をするように心がけると良いでしょう。